親権について

親権とは?

離婚の際に、お子様がいる場合には、親権者を定めなければなりません。
夫婦間の合意で親権者を指定できないときは、協議離婚の届出ができないので、調停や裁判で親権者を定めることになります。親権はさらに、次のように分けられます。


離婚の際の親権の決定基準

離婚の際には、いずれか一方を親権者として定める必要があります。
協議で決定できればよいですが、これを決定できない場合には、子の福祉の観点から、いずれを親権者とするのが好ましいかを判断することとなります。

具体的には、

等を考慮して決定することになります。

決まらない場合はどうすればよいか

離婚の種類に関わらず未成年の子供がいる場合は、親権者を指定しなければ離婚は成立致しません。

協議で親権者が決まらない場合は家庭裁判所へ親権者を決める為の調停を申し立てる事になり、調停でも決まらない場合は審判、裁判となります。
調停の段階で家庭裁判所調査官が、双方の環境を調査し、意見を調停委員会に報告します。
事実上、調査官の意見書が最も結論に強く影響します。