年金分割

年金分割

公的年金制度は、誰もが加入する国民年金(基礎年金)、サラリーマンが加入する厚生年金(いわゆる「2階建て部分」)で成り立っています。 自分では年金を支払っていない専業主婦でも、第三号被保険者として、国民年金は受給できます。 しかし、厚生年金は被保険者(多くは会社員である夫)だけに支払われるため、妻は受給できませんでした。これを見直し、法改正により、夫の厚生年金を分割して夫婦で分けることが可能になりました。これが年金分割という制度です。

年金分割に必要な公正証書とは?

公正証書には、年金分割だけでなく、不動産や退職金などの財産分与の条文 も盛り込みますので、離婚後のトラブル防止に役立ちます。

年金分割の流れ

STEP1 年金情報の提供を受ける

夫婦双方の年金加入記録を確認するため、管轄の社会保険事務所に情報提供を請求します。
このとき、添付書類として、夫婦の戸籍謄本と年金手帳が必要となります。

STEP2 按分(分割)割合についての話し合い

厚生年金の按分(分割)割合について、夫婦間で話し合います。
2008年4月以降に離婚する場合は、按分割合は自動的に2分の1となります。

STEP3 公正証書の発行

按分割合について合意ができたら、所定の記載事項を 公正証書または私署証書に書き込みます。

STEP4 年金分割請求

管轄の社会保険事務所に年金分割の請求をします。
請求期限は離婚の翌日から2年以内となっていますので、注意が必要です。

年金分割を期待した熟年離婚相談も新宿駅直ぐの法律事務所の弁護士にお問い合わせください

年金分割制度は、夫が加入している厚生年金も専業主婦である妻にも分割して配分するべきという新しい制度です。制度が開始されて、実現に向けて踏み切った方はそう多くありません。その理由は何なのかなど、新宿駅直ぐの新宿区にあるベストフレンド法律事務所にご相談いただければ詳しくアドバイスいたします。ざっくり言うと、最大で0.5、最低でも0.5というのが裁判所の運用です。
しかし、年金の分割額が少ないから離婚を踏みとどまるのではなく、離婚したい理由は何なのかを再度考えて頂くきっかけにもなります。新宿駅直ぐの新宿区で頼れる「ベストフレンド法律事務所」がベストな選択肢をご提案させていただきます。