面接交渉について

面接交渉について

近時、最高裁は「具体的な日時、方法が定められている場合」に限り、離婚後相手方が養育する子との面会を拒んだ場合に金銭的制裁を課すことができると判断しました。具体的な日時方法を定めるのは、極めて技術的で、一般人では無理と思われます。この点からも、子どの面会の調停は弁護士に依頼すべきでしょう